超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  たまにはライブハウスへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまにはライブハウスへ

ここではないどこかを歌うのがロックという音楽だと、ある人は言ってました。
生活の匂いを手に入れたり、宇宙に旅行したり。
今ではもう、音楽の中にしかないちょっと寂しいもの。

僕は自分のライブ以外はあまりライブハウスへ行かないのですが、
先週と今週はライブハウスへ行きました。

先週は無善寺で友達になった古宮さんのイベントを新宿へ見に行きました。
弾き語り中心で、それぞれ個性的で、刺激的で面白い、触発されるライブでした。
これから磨かなければならない歌の方向性が1つ増えたくらいです。
青木さんっていう人が特に良かった。
同じ音を発音1つで色々使い分けて表現していて本当に目からうろこだった。

今週(昨日)は阿佐ヶ谷に童貞と処女をテーマにしたトークイベントを見に行きました。
時間の都合上、じっくり議論を深める感じにはなりませんでしたが、面白いインディーズ映画が何本も見れて良かったです。しかし真剣に具体的な知識を獲得するのにはトークライブ形式よりも本とかの方がまだいいと思いました。あ、いや、別に僕が童貞で真剣にアイデア募集って訳じゃない。
童貞もいいけど、処女は興味津々。女性に興味がある。女って凄くいいよなー。
男は大体ブサイクで「ガギグゲゴ」の形で歩いてデキソコナイ丸出しであわれで、報われない感じが一周回ってあきらめた上で最高に面白いよな。
自分も男です。

議論が交わせる仲間が欲しい。

よしおか
スポンサーサイト
[ 2009/05/27 00:56 ] Diary Memo | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。