超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  水兵リーベー僕の船

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水兵リーベー僕の船

くそっ くそっ

ボブだとか ボブじゃないだとか・・・

くそっ くそっ

いいなぁ、優雅だな・・・。

お前がボブなら俺はリベラルを食べるよ!

「吉岡君は仕事がいい加減すぎる」って、お前、そんなに大事じゃないことはいい加減やるよ。

俺は、大事なものは大事にするよ。
それを守るためには、どうすれば良いか、何を変えれば良いかってことを考えて行動しているんだよ。
個人の視点だよ。
全体のことは後回しだよ。
電車のマナーレベルの話じゃない。
挑む話だ。

リベラルは海の中に棲むチョウザメの卵モドキだ。
コンビニでも売っているけど、定価で高いから、閉店間際のスーパーに駆け込めば安く手に入る。
ネットオークションで1kg400円で売っている。
味はキャビアと全く同じだ。
リベラルの本場はインドだが、カースト制の影響もあり、輸出が制限されている。
本物のリベラルは入手困難。
でも養殖された遺伝子組み換えリベラルは、安価でおいしく、さらに健康にも良いダイエット食品として重宝される。
CO2の排出量も削減される。

リベラルの対義語っぽいのがキャンタマである。
キャンタマイズされた人は、あるキーワードに思考停止的に反応する。
とても残念。
いつでも単純素朴で快・不快の2項図式だ。
そしてダブルキャンタマイズきたー!
キャンタマイズされた人は、不安になって自分を免罪し、安心を得る。
リベラルはそれを好としない、しかしリベラルなので放置。

何をやっても、どうせ結果は同じなんだから。
頑張る必要が無いんだよ。
それ俺もみえる。
でも逆に結果にとらわれない勇気をもらうことも出来る。

<みようとする人>と<みない人>、<挑む人><すがる人>。

余談だが、インド人に会ったら、感謝の気持ちを忘れるんだ!
そうじゃないと失礼にあたる。

くそっ くそっ 。

よしおか
スポンサーサイト
[ 2009/09/04 20:59 ] Diary Memo | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。