超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  年長者は偉いんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年長者は偉いんだ!

輝けススキの穂!
さぁ!さぁ!さ!
プシュゥウ今日もJRは止まります。
仕事に遅刻します。
もう慣れっこです。
遅れてる電車の中で焦りそうになったときは、自分が東南アジアのどこかの人間のつもりになって
まぁいっか~。
で終了だよ。

止まっている電車の中で考えたこと。

「年長者は誰でも偉いのか?」
いや、年長者は大体電車とかでもドカッと大きく座るじゃないですか。
新聞もガバッと広げるじゃないですか。
加齢臭もムーンと凄い引き連れてくるじゃないですか。
意外とキレるし、実際かなり凶暴じゃないですか。
まあ良いですよ、偉いんだから、みんなの役に立ているんだから
でも本当に偉いのか、この方たちは??
である。
自分の答え。

数百年以上あまり変化のない平和な時代が続いているときは、年長者が偉い!
安泰期では人間の一生よりも、社会システムの方が圧倒的に長続きするからです。
変化しない社会システムの中では長年の経験ってやつが価値を持つのです。

逆に激変期の時代は、年長者が偉いとは限らない。
激変期では社会システムの寿命が短く、めまぐるしく変化するので、人間の一生の方が相対的に長くなるからです。
相対的に社会よりも人間に普遍的なものを見出せるようになるわけですね。
すると長年の経験って奴が当てにならない。
当てになるかどうかは別として、変化に敏感でかつタフな人間が輝きだします!
変化する社会について行けない鈍感な年長者が、道徳とか常識という思考停止型・紋切り型の浅知恵を持ち出して、むしろ迷惑をかけた事例は歴史上何度も繰り返されてきています。

日本は島国でノホホンと平和に暮らしてきたお人よしの集団なので、発想も平和そのもの。
それが愛すべき所だし、文化の源泉じゃないでしょうか。
なにしろ日本語からして最後まで聞かないと肯定か否定かも分からないんです。
世界的に珍しい悠長な言語です(笑)。

しかし時代はグローバリズムの激変期、開国以来、西洋型の近代化システムをコピーしたのが運のつき、
江戸時代までは独特でふさわしかったって言ってもね
止めようったって止まりませんね!
頑張るしかない。

今日の結論、年長者はいちおう尊敬しよう!
RIMG0015s.jpg


よしおか
スポンサーサイト
[ 2009/11/09 22:41 ] Diary Memo | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。