超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Essay >  断食のすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

断食のすすめ

寒くなってきました。

雨が降っていい感じに湿りました。

夢見が崎の木々も道も空も電信柱も街灯も落ち着きを取り戻しました。

図書館のポストに本を返しました。

中にはいい本もありました。

読めば読むほど悪い本もありました。

最近、夕飯に何を食いたいか分からなくなってきました。

食欲を満たすより、満たさないことで、もっと楽しい可能性があるように思われるのです。

余裕の表れです。

そりゃ余裕ですよ。

毎日しっかり食ってますもん。

飽食は過剰な余裕を生み、過剰な余裕は欲望を生み、欲望は争いを生みます。

俺はお坊さんかい?普通でしょう。

どうでもいい事に気をとられていると、大事なことに気付けない。

凄い奴は、とても敏感に気付きまくる。

自分がなんなのか、他者がなんなのか、自分が優先したいこと、我慢ならないのは、本当はどんなことなのか、

余裕があるときには色々混ざり合っていて、分かりません。

僕はたまに断食しています。

動物として、追い詰められば、気付くかもしれません。

けり。

何かを気付かせてくれる人は、大事な存在です。

断食中の僕は自分でも驚くほど静かで穏やかです。

「僕は結局太陽の下で美しい景色を眺めて、楽しい雰囲気を感じたいだけです。」

断食したときのメモにそう書いてありますので、そうかもしれない。

300万年の人類の歴史上、毎日3食食えるようになったのはつい最近だ。

むしろ腹が減っているほうがマトモな状態と言えるかもしれない。

俺はマトモになりたい。

幼少を思い出してみるに、僕は激しい空腹も激しい満腹も毎日経験して育った。

それで良かったかもしれない。

さぁ、山ねこだ。
のんでのんでのんでのんでのみまくれーわおー!
RIMG1327s.jpg


よしおか
スポンサーサイト
[ 2009/11/19 22:19 ] Essay | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。