超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  カレンダーを失ってから見つけるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カレンダーを失ってから見つけるまで

去年は部屋にカレンダーがなかった俺です。

あの、僕は思うのですが、毎年たくさん貰うけど、あんまり部屋につけたいカレンダーって無くないですか?
しょうがない可もなく不可もなく意味もない写真がデカデカと、なんであんなの毎日見なきゃならねえんだって。

気に入ったカレンダー探したけど見つからない、穴を掘っても見つかりっこない。
そこで僕は発想の転換をしました。

飾りたいカレンダーが無ければ、僕がカレンダーを作ればいいじゃないか!
というわけで実家に帰って暇でしたので、墨汁と筆とすずりを用意して作りました。

オールハンドメイド
筆の進むがままに作った吉岡工房オリジナル2008年カレンダー
絵の内容は12ヶ月分、一枚一枚全部違いますが
極力何も考えずに、意味など決して考えないように、赤ちゃんのような心で筆を走らせました。

3点作って、1点は姉が欲しいと言って購入してくれました。
あと、2点残ってる。
普通手作りカレンダーっていくらするんだ?
500円でいいや。
僕と同じように、飾りたいカレンダーがない方など、
欲しい方は、1月20日の無力無善寺で販売しますので、良かったら是非~。
1年間使えます。

そんなアンチ一般カレンダーな僕なので
日付とかよく間違えます。

ごめんなさい。
ウクレレ弾き語り+トークの麺王新年会は
11日じゃないくて、1月10日木曜日でしたー
あはははー。
めんごめんご!
それが言いたいだけでしたー。

でもカレンダー本当に作りましたので20日に販売します。

スポンサーサイト
[ 2008/01/08 01:23 ] Diary Memo | TB(1) | CM(1)
これは欲しい
[ 2008/01/08 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カレンダー暦(こよみ、れき)とは、時間の流れを年・月 (暦)|月・週・日といった単位に当てはめて数えるように体系付けたもの。また、その構成の方法論(暦法)や、それを記載した暦書・暦表(日常生活上の日本語でいわゆる「カレンダー」)をも指す。さらに、そこで配当...
[2008/01/09 06:06] ちひろの記録


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。