超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Essay >  地方はインターネットを使え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地方はインターネットを使え

最近Twitterを少し活用しています。

HootSuiteというブラウザを使うと、非常に便利で、自分に有益な情報が勝手に舞い込んでくるようにカスタマイズする事も可能です。情報収集能力がすごく高まります。(高い情報収集能力を必要とする社会が良いかどうかは別としてです。)

情報弱者って言葉が出てきて久しいのですが、同い年でも、まだPCを買ったの事のない人と、インターネットをフル活用で労せずしてどんどん情報を仕入れて、人脈を増やしている人の活動力の差はやっぱり無視できないと思ってしまいます。今後もっとその差は開いてしまう。

インターネットがクソだという発言もたまに耳にして、気持ちは分かるけど、使いようです。

地元の良い空気と人間関係に包まれながら、グローバルな物質的情報的な豊かさも享受できるという点で、地方にいる人ほどインターネットをフル活用していけば良いと僕は思うのですが、実際は僕の幼なじみがそうであるように、地方の人は都会の人に比べて、まだまだインターネットに疎いのが、僕の知る範囲では実情のようです。

僕の実感としては地方は「俺には無理だー」と基本諦めモードだと思いますが、そんなんじゃ、潰れてしまうよ。
インターネットでも何でも利用してたくましく生きてやるぜ、という地方の人が増えるように祈っています。
いや、祈る前に何か出来ないだろうかな。

よしおか
スポンサーサイト
[ 2010/03/26 22:17 ] Essay | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。