超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  オーディオへの距離のとり方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーディオへの距離のとり方

ビクターのCD/MDコンポを10年以上使っているのですが、
最近とうとうくたびれてきて、買い替え時かと思う。

それで色々調べて、僕も音楽が好きなので、せっかく買い換えるのだから高音質の物が良いなと思っている。
しかし、オーディオの世界はひろく、高みを望めばいくらでも高いところがあり、当然コストもものすごく高くなるのです。
僕は音楽鑑賞に異常に拘るオーディオマニアと呼ばれる趣味人に対して申し訳ないけど虫唾が走る思いを持ちます。
同じお金使うなら、もうちょっといい事に使えばいいのに。

安物のラジカセをこんなものだとしてご機嫌で楽しむ音楽ライフと、数十万や数百万のオーディオシステムの前でいつも何かが足りないと不満を持ちながら、過ごす音楽ライフ、どちらが幸せかというと、圧倒的に前者でしょう。
たかが音楽、どんな音質で聴いてもソウルは一緒だ。
何事も白黒はっきりさせるのは難しい。
距離のとり方が肝心だと思う。

というわけであり、値段を決めて、その範囲で最大限の自分の好みの音を目指して、あとはCD購入にお金を回して、あとは音質を気にせずどんどん音楽を楽しむのが正しいあり方かと思いました。

全部で6万円と決めました。

エレキギター関連で散々散財と試行錯誤を経た経験から、スピーカーはかなり音に影響力がありそうです。
過去と同じ轍を踏まないために、スピーカーは良いのを買おうと思い、色々調べて3万円の自作キットを購入し、半田を使って自作しました。
メーカー品だと5~6万するようなものでしょう。

まずは、スピーカーを交換し、結果、音がきれいで広くてはっきりしました。
もう既に満足ですが、本体のほうもかなり壊れかけているので、買い替えは必要です。
アンプとかCDプレーヤーはそのうちゆっくり選んでいきます。
そうそう、ゆっくりやるっていうのも、かなり大事だと思います。
基本的には修理をしながら長年使えるのが良いと思う。

よしおか
スポンサーサイト
[ 2010/03/29 00:01 ] Diary Memo | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。