超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  You Tube >  「電車通勤はつらいよ」という曲をyou tubeにアップしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「電車通勤はつらいよ」という曲をyou tubeにアップしました。

「電車通勤はつらいよ」というD級の曲をyou tubeにアップしました。

こちら!!!!

聴いてくれー。

東京近辺に住む人はぎゅうぎゅうの通勤電車で「なんでこんな思いをしなきゃいけないんだろう」って思った事があると思いますが、その感じです。

今回のは、ノープランで即興で音を重ねていくっていう手法で作曲しました。
このやり方は「渚 青春 輝き」って曲以来で2回目です。つまり偶然です。

妻の人に神聖かまってちゃん、そのものだと批判されたので凹んでいます。
かまってちゃんは好きだが、そんな事ないだろう。
音像とか表現したい事とか、皆さんは良く聴いてほしいです(笑)。

東京郊外の生活者として作った曲は自覚する限りでは初めてです。
4年目なんで、もうそろそろ素直に作れるかなと思いました。
郊外っぽい平坦な曲のイメージがあるので、それは今度作りたいと思います。

僕はいつも湘南新宿ラインという路線を利用して通勤します。
往復で2時間半かかります。
この路線は長距離を非常に効率的に短時間で走ってくれるので距離の割には通勤時間がかからない。
小田原から高崎または宇都宮まで串刺しです。
各駅は30分に一本しかないけど平時はすごく便利な路線です。

しかし、これだけ長距離を串刺しにする湘南新宿ラインは、平時は良いですが、関連する路線で何かトラブルが起きると一発でダイヤが乱れ一気に混乱します。

都市生活の便利さは平時の回転速度を高める事によって実現しているようだ。
平時の回転速度を前提として色んなスケジュールを立てる。
平時のシステムは各個人に快適さや楽しさを増大して供給する。
しかし平時を前提とする各個人の振る舞いは非常時の連帯を阻害する。
非常時の痛みは個人を直撃する。

平時と同等のパフォーマンスを非常時に求められると、普通の個人は痛い思いをする。
高度なシステムに個人があわせなくてはならないのだから、なんか面倒臭いんだよ。
贅沢病って言われるかも知れないけど、本当に面倒臭いんだ。
通勤電車のなんでこんな思いをしなきゃいけないんだろう・・はそんな背景だと思います。

だから東京の人は各個人が非常時のどうしようもなさを自覚して、個人として人に優しくするように決意するしかないんじゃないかと思った。
連帯は今は無理。その後だよ。
昨日品川から新川崎までの3駅をぎゅうぎゅう詰めの電車の中に1時間閉じ込められたときに思った。

まとめると人には優しく、そして非常時の備えはしておきたいという事で終わります。
それが結局、人の連帯を生むんじゃないかな。

ツイッターでツイートした事をここでもコピペしました。
考えるのが面倒です。

つぎは「川のうた」という曲をアップしようかな。

よしおか
スポンサーサイト
[ 2010/12/11 23:09 ] You Tube | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。