超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  イベントを終えて思ったこと①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イベントを終えて思ったこと①

イベントを終えて思ったことを書いてみた。

○弾き語りについて
俺はとても弾き語りが好きだ。ソロになったばかりは全然好きじゃなかったけど、どんどん弾き語り好きになる。
心は1つで、命は1つで、その純粋なかたまりが精一杯無限に広がってゆくのを感じたことがあるだろうか?
嘘くさく聞こえるかもしれないけど、音圧もない、音数もない中で広がってゆくのは、心の中のイメージだけだろう?そこが無限なんだね。道端の石ころのように、ある朝の空気のように、本当は誰もが感じるべきなんだと思う。
そのためには僕は心を開いて、ただただ歌うべきだと思う。
僕は今年の目標の一つに『弾き語りのアルバムを作る』がある。その中で今言ったことを表現するつもりだ。

○接着剤について
今回、僕は、昔から4年以上一緒にバンドをやっていた小島と、8年くらい親友の森脇と非常に良い形でバンドが出来たと思う。
僕と小島の呼吸は長年一緒にやってきたからこその気持ちの良い阿吽の呼吸だ。
一旦バンドから遠ざかったゆえにかえって僕のノリを把握するようになって、うまく合わせてくれた。ありがとう。
その中にすんなりと入って馴染めるのも森脇以外いなかっただろう。
彼と僕は長年親友だったこともあり、人間的な部分でのつながりが強い。
要するに、彼も僕のノリを理解する人なのだ。
彼の加入によってバンドが自由な空気になって、小島にも良い影響を与えた。(アドリブが出来るようになった)

練習の時もかなり良い空気で、ライブのために練習をするんじゃなくて
今この瞬間の演奏を楽しもうという空気でただただ演奏を楽しんだ。

本番も最高だった。
俺ビックリした。
気付いたら、凄まじいほどに俺が解放されて全身から生命力が噴出していたんだ。
あんなにするつもりなかったんだ。
芸風でバンドと弾き語りでキャラを変えてると思ったかもしれないけど
自然とそうなった。
だから凄い!
僕は水を得た魚っていう感じなんでしょうね。
演奏は目茶目茶だったけど、本当に自由で良かった。
他のメンバーはどうだったのだろうか?
ラストの曲で俺はもうずっとギョォォォ!って言ってて、
でも小島がドラムをとてもしっかり冷静に叩いているの気付いて
あー、こいつがいるから、ありがとうって思った。

接着剤は今後の予定は一切なし。
また、いつか一緒にやりたいとは思うけど、なかなか難しいかもしれない。
メンバーそれぞれ人生があるのだ。
好きなように生きるべきなのだ。
ここから切ない!

小島はこれからは音楽に縛られたくなくて、他にも色々気ままにやりたいのだそうだ。
彼は今回の再会で、常に何か一枚壁を張っているように見えた。僕には見えた。
彼は僕よりももう一本向こう側の幸せな線路を走ってゆくように見えた。
かつて同じバンドで運命を共にした関係だったがゆえに、そこに僕は寂しさを覚えたが
同時に激しく共感するのだ。
俺だってそっち行きたいよ!
でも俺は曲を作れる人間だ。曲を作れる人間は曲を作り続けるしかないようだ。
彼は素晴らしいプレイヤーだけど、表現者ではないので、なおさらこれで正しいのだと思うのである。
とにかく、やたらナイスガイだぜ彼は!ガッツくけどな!

森脇はずっと仲が良かったし、色々語り合って、影響しあって、高めあってきた。
そんな彼も頑張り屋で、やるべき事がある。
音楽なんかやっている場合じゃない。単純明快。
魚のくせにまだ格好つけてる。そんな彼も今年で27歳。まぁ同い年やね。
お互い別々頑張ろう!

○弾き語りとバンドについて
やっぱ吉岡はバンドだね!そんな声が聞こえてきそうな昨日のイベント。
でも俺ちょっと分かったよ。
僕にとって毎日の日課が弾き語り。たまの贅沢がバンド演奏。
お客さん視点からは・・・。
そう、そういう事だ。

毎日食べられるラーメンと、たまに猛烈に食べて腹壊したくなるラーメンってある。
好みはあるにしろ、同じだと思った。
だって毎日荒川土手であんなハイテンションバンド練習はイヤだよ。
とにかく僕は歌ってないと死んじゃうらしいので、日々のリラクシンな弾き語りは自分のために大事。
ただそれだけだったのだ。
だから、それを踏まえたうえで、これからも両方やって行きたいです。
ちっくしょー!バンド組むぞー!
スポンサーサイト
[ 2008/01/21 23:59 ] Diary Memo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。