超地面から湧きあがる 非公文式ホームページ TOP  >  スポンサー広告 >  Diary Memo >  新緑の季節に何を思う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新緑の季節に何を思う

新緑の季節となりました。
昨日、僕は新緑を楽しみに自転車で埼玉の東浦和駅まで行きました。

グーグルの地図で最寄の新緑を探していたのですが、
東浦和駅の横から明らかに建物が建っていない部分がずっと続いていたので、
ようし、ここに行けばきっと素晴らしい新緑の景色があるだろう、と予想して行きました。

行ってみたら予想通り、いや予想以上に素晴らしい新緑ののどかな景色がありました。
緑のトンネルが僕を包みました。
緑のトンネルを抜けると、そこは雪国でした。
見上げたら青い空がありました。
ついつい自転車をこいで随分と北上しました。
可愛い年月を君と暮らせたら、と思いました。


僕は毎日を充実できるように、頑張ることにしました。
それは守りに入らないことだと思いました。
堅苦しい言い方をすれば、(堅苦しい言い方が好きなんです。)
それは、おそらく死を意識して生きることだと思いました。
いつ死んでも良い様に充実して生きる(死ぬ準備をする)のが生きる覚悟だと思いました。
死刑囚は普通の人の何倍も濃い時間を生きていると聞きました。
だから、僕の目標は死刑囚です。
僕は必死に深夜、生クリームを食べながら、ゴッホの絵を見て、ヘッドフォンで爆音でマイルスデイビス聴いているけど、楽しく充実したいだけです。
どうか皆さん、僕を指差して笑ってください。
あいつ死刑囚になりたいんだ!
(特別、死ぬつもりもありませんし、犯罪をする予定もありません。そういう意味じゃありません。)

よしおか
スポンサーサイト
[ 2008/05/01 01:35 ] Diary Memo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。